So-net無料ブログ作成
検索選択

大人の科学 AKARI折り紙(セレスに挑戦) [科学の本]

新しい記事を書こうとしたのですが、誤って前の記事に上書きしてしまいました。
So-net ブログでは「コピーして新規作成」という機能があります。これを使ったつもりだったのですがコピーしていなかったみたいです。この失敗は4回目くらいです。私が悪いのですが、もうこの機能は使わないことにします。この記事、なんとか書き直せて良かったです。

大人の科学マガジンVol.29(AKARI折り紙) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

先日は折り紙シェードの「チェッカーランタン」を作りましたが、今日はもうちょっと難しそうな「セレス」に挑戦しました。

まずはユニットという部品を30個作ります。
unit.jpg

ユニットを30個作ったら組み立て開始です。
tukuruzo.jpg

作成途中...組み立ては妻が担当しました(私はギブアップ)。
何度か組み立ててはばらすの繰り返しでした。今どこを組み立てているか判らなくなってしまうので、鉛筆で目印をつけたら、うまくできました。
sakuseicyu.jpg

組み立てた部分が何度も外れてしまったので、洗濯バサミで止めました...これは必須。糊付けすると微調整できなくなるので、洗濯バサミが良いと思います。
sentakubasami.jpg

やっと完成。先日作った「チェッカーランタン」と比べてみます。想像していたよりデカイ!
hikaku.jpg

点灯してみました。とっても綺麗です。
tentou.jpg

どのように組み上がるのかイメージできないとなかなか上手くできません。
この本を買った内の、何割くらいの人が「セレス」までたどり着けるのでしょうか?
「チェッカーランタン」と難易度が全然違います...難しい。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

関野

「この本を買った内の、何割くらいの人が「セレス」までたどり着けるのでしょうか?」
同感です。
私も今日作りました。作るのに3時間ぐらいかかりました。
時間をかければ誰にでも作れる、ってものじゃないですね。
私はこれまで色々な正多面体工作をした経験があり、
本屋でAKARI折り紙を見つけて「お!正12面体/正20面体だ~」と即買って、
「セレス」のパーツは30個…ふむふむ、各パーツは正20面体の辺(30本)に相当するのね~
ということは分かっていても、30個のパーツを折るだけで、ふ~~
で、組み立ててみると、なかなか難しい。
正多面体の構造を知っていて難しいんだから、知ってない人は…
こりゃ途中でギブアップする人続出だな~と思って、
見事作り上げた人はいるのだろうか?と検索してみて、こちらへ(^^)
「セレス」完成、お見事です。
苦労した分、できあがったときの感動はひとしおですね。

by 関野 (2010-11-23 22:42) 

福郎

関野様コメントありがとうございます。

我が家の「セレス」は1時間ほどで完成しました。
私がユニットを切り離している間に、折り紙好きの娘が(小学生です)ユニットを折り、組み立ては妻が担当しました。妻が小学生の時に折り紙で作った「くす玉」と似ていたので、作り方はすぐに判ったとのことです。

ただ「くす玉」と比べるとユニットが外れやすいそうで、傍から見ても、かなりいらついておりました。
光を通すために、がっちりと組み立てる構造にはできないのだと思います。


by 福郎 (2010-11-24 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。