So-net無料ブログ作成

地の日 天の海 [日本文学の本]


地の日 天の海(上) (角川文庫)




地の日 天の海
内田 康夫
角川文庫

内田康夫さんの書く歴史小説とは、どんなものだろうと思って読み始めました。
この時代(信長・秀吉の時代)を取り上げた小説や歴史書を、それほどたくさん読んでいる訳ではないのですが、今まで読んだことがない切り口で書かれていて、とっても楽しめました。

この作品の主人公である天海僧正は浅見光彦シリーズの「日光殺人事件」にもその名前が登場します。

日光殺人事件 (角川文庫)




こちらの作品も読み返したくなりました

鉄道ファンの付録カレンダー [テツの本]


鉄道ファン 2012年 02月号 [雑誌]




鉄道ファン 2012年 02月号
交友社
¥1,200

鉄道雑誌の「鉄道ファン」と「鉄道ジャーナル」、テツ(一応)としては気に入った特集があればできるだけ購入したいのですが、収納スペースの関係でなかなかそうもいきません。

でも「鉄道ファン」の2月号は毎年購入しています。理由は付録の車両カレンダー今年も購入してトイレにかけました(定位置はトイレです)。
calendar.jpg
一年間トイレにかけているので、さすがに使用後のカレンダーは捨てています。トイレにかけるのは捨てる理由になっていいかも、と思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。